リンデロンVG軟膏 赤ニキビ

リンデロンVG軟膏は赤ニキビに効果抜群!?副作用は?

 

 

赤ニキビが出来てしまった時って何とも言えないような憂鬱感に襲われる人も多いんじゃないかな?

 

ニキビの炎症を一刻も早く抑えたい人は、ステロイドのベタメタゾンと抗生物質であるゲンタマイシンを同時配合したリンデロンVG軟膏がおすすめです。

 

では赤ニキビに良く効くとされるリンデロンVG軟膏はどのような効果を持つのか調べてみました。

 

 

 

 

赤ニキビに効果あり?!リンデロンVG軟膏とは?

 

リンデロンvg軟膏は主に赤ニキビにも効果がある治療薬として知られています。

 

中身は半透明の軟膏となっていて、気になる匂いや刺激はあまりありません。

 

ステロイド軟膏なので実際に薬局やドラッグストアなどでは手に入らず、主に皮膚科で処方されますね。

 

 

 

リンデロンvg軟膏はゲンタマイシンとベタメタゾンという2種類の薬が含まれているからニキビ改善にとても役立つんですね。

 

その中の1種類であるゲンタマイシンはゲンタシン軟膏としても使われていて、殺菌性のある抗生物質なんです。

 

ゲンタマイシンによってはニキビ原因でもあるアクネ菌をやっつける効果もあって、ニキビの元であるマラセチア菌をも殺菌できるから主に背中ニキビに効果があるんだとか。

 

 

そしてもう1種類のベタメタゾンはニキビの炎症を抑える働きがあります。

 

特に赤ニキビや炎症ニキビによく効き、赤ニキビの場合は2〜3日で改善されると言われていて、炎症が起きているニキビも数日で完治しやすいですね。

 

 

リンデロンVG軟膏の使用方法は、とても強い薬だからニキビ部分に少し塗るだけで良いですね。

 

もしも他の健康なお肌に害を与えたくない場合は、肌全体に塗り込んだり広範囲に塗ることは避けた方がよさそうです。

 

 

 

 

リンデロンVG軟膏の副作用について

 

リンデロンVG軟膏の副作用にはステロイドと抗生物質による副作用の報告があります。

 

例えば長い間リンデロンVG軟膏を使い続けることで耐性菌ができてしまうから薬が効かなくなる場合もあり、これも副作用の1つなんです。

 

 

 

リンデロンvg軟膏で起きてしまう主な副作用には、肌荒れ、炎症、めまい、皮膚が薄くなってしまいシワが増える、毛細血管が膨らむことで顔が赤くなるなどの報告があるようですね。

 

リンデロンVG軟膏の強さは3段階目で結構強い作用になるみたい。

 

 

副作用の出方も決して弱くはないから、長期的な使用はなるべく避ける方が良いと言われています。

 

本当に初めてリンデロンVG軟膏を使用する人は初期の段階で副作用が生じる可能性が高まるので特に注意が必要ですね。

 

 

このような薬を使わなくてもいいように日頃から、ニキビケアはしっかりしておきたいですね。

 

特に、ニキビケアには今話題の「ノンコメドジェニックテスト済み」の化粧品が良いと思いますよ。

 

使い続けていくうちにニキビができにくい肌になっていきますから嬉しいですよね。

 

この化粧品については、下記のサイトで実体験として詳しく説明されているので参考にしてみてくださいね。

 

参考サイト ルナメアACの口コミにある最大のウソ?|美容部員メグが徹底検証!