大人ニキビ 病院

大人ニキビ治療で病院を受診する際は婦人科?

 

 

大人ニキビで病院を受診する際には、皮膚科だけでなく婦人科にかかると効果が得られる場合もあります。ニキビの原因がホルモンバランスの乱れにあることも少なくないからです。

 

ホルモンの治療は婦人科の領域です。不規則な生活や睡眠不足、栄養の偏りやストレスなど、さまざまなことが原因となってホルモンバランスは狂ってしまいます。

 

 

女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが乱れ、男性ホルモンが活性化して過多の状態になると皮脂の分泌量が増えて、ニキビが出来やすくなり大人ニキビの原因となります。そこで、婦人科では大人ニキビに対応して、ホルモンのバランスを整えるため『黄体ホルモン』を使用した低用量ピルなどを使った治療が行われます。

 

他の治療を試みてもニキビが良くならないという場合は、婦人科で相談してみると改善がはかれるかも知れません。

 

 

注意が必要なのは、ホルモン剤の服用には吐き気やめまい、頭痛などを伴う可能性もあり副作用のリスクもあります。

 

また、ニキビの症状やその人の体質によって治療の効果が現れないばかりでなく、時には悪化することも考えられます。ホルモンバランス治療を行う際には医師の指導に従って処方されたホルモン剤を用法・用量を守って正しく服用して下さい。