リンデロンVG軟膏 ニキビ跡

リンデロンVG軟膏はニキビ跡にも効果あるの?

 

 

リンデロンVC軟膏は細菌による感染や繁殖を防ぐという効能があるので、ニキビを改善する効果があります。

 

ニキビは、毛穴に詰まった皮脂汚れなどを餌にしてアクネ菌が繁殖し、そのアクネ菌の分泌物の刺激で炎症が起こることで発症します。アクネ菌は皮膚の常在菌で、大量に繁殖しなければ炎症が起こることはありませんから、ニキビも治ります。

 

 

リンデロンVG軟膏には、アクネ菌の繁殖を抑制する抗生物質であるゲンタマイシンと、炎症を抑制するステロイドのベタメタゾンが配合されています。

 

ゲンタマイシンはアミノグリコシド系の抗生物質で、細菌がタンパク合成するのを阻害する働きによって、アクネ菌を殺菌する効果があります。ベタメタゾンは副腎皮質ホルモンで、炎症を抑制する強力な働きを持っています。

 

つまりリンデロンVC軟膏は、ニキビの原因となるものをすべて取り除く効能を持っているので、ニキビの治療薬として処方されるのですね。

 

ニキビは自己流の対策方法ではなかなか治りませんし、肌の状態や間違った対策をしてしまうと、炎症が悪化してニキビ跡ができることもあります。

 

 

リンデロンVG軟膏なら、確実にニキビの原因にアプローチして改善していくので、ニキビ跡ができるリスクもほとんどありません。こういった点では、ニキビ跡ができない効果があると言えます。

 

ただ、できてしまったニキビ跡の種類によっては、改善する効果はあまり期待できません。

 

 

ニキビ跡には赤みや色素沈着、クレーターなどの種類がありますが、赤みは炎症が残っている状態なのでリンデロンVG軟膏でも効果があります。しかし、色素沈着は炎症によってメラニン色素が大量に作られ、その色素が肌細胞に沈着している状態ですから、この軟膏では改善できないでしょう。

 

またクレーターは皮膚組織が炎症によって壊されることでできてしまうので、これも改善できません。

 

リンデロンVG軟膏は関係のない部分に塗ってしまうと、逆に肌の腫れやかゆみ、赤み、炎症などが起こることがあるので、赤みのニキビ跡以外には誓わないようにしてください。