ニキビ洗顔料 有効成分 基礎化粧品

ニキビケアに有効な洗顔料と基礎化粧品の成分

ニキビ洗顔料,有効成分,基礎化粧品

 

 

思春期に悩まされたニキビが、20代になってもまだ引きずっている、そんな方のためのニキビ洗顔料と基礎化粧品の有効成分についてご紹介します。

 

20代の大人ニキビは、10代のころの皮脂の過剰によるものとは少し違います。ストレス、不規則な生活、食生活の乱れ、運動不足などが重なり、ホルモンバランスが乱れ、ニキビの出来やすい環境を作ってしまうのです。

 

ホルモンバランスの崩れている肌は、乾燥状態となりバリア機能が低下してダメージを受けやすく、そして治りにくいのが特徴です。だから、ホルモンバランスを正常に整えつつ、保湿力のあるニキビケア専用の洗顔料や化粧品を使用するのが重要です。

 

 

 

ニキビ対策に用いられる有効成分は、サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウムがあります。

 

サリチル酸は、殺菌作用、角質溶解作用があります。つまり、肌の雑菌の繁殖を予防し、角質を柔らかくして毛穴の詰まりを解消し、スキンケア用品の浸透力を高める働きがあるのです。ピーリング作用もあるため、ターンオーバー促進効果もありますが、皮膚の弱い方にはあまり向いていない成分とも言えます。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、抗炎症作用があり、ニキビの炎症を沈め肌荒れを防ぎます。抗アレルギー薬や胃腸薬などとして古くから親しまれている甘草から取れる自然な成分なので、安全面においても信頼できるでしょう。

 

余分な皮脂が原因である場合は、イオウが効果的です。しかし、20代の大人ニキビは乾燥が原因でもあるため、皮脂を抑制するイオウを使用するのは逆効果と言えます。

 

サリチル酸かグリチルリチン酸ジカリウムが配合されていることを確認した上で、保湿効果があるかどうかも購入のポイントとなります。肌に負担を与えすぎないよう、なるべく無駄な添加物を加えていない上質なニキビケア用品を選びましょう。

 

また、生活習慣を見直し、ストレスを溜めない生活を心がけ、ホルモンバランスを整えることもニキビケアの一つです。