ニキビ用洗顔料

ニキビ用という洗顔料を使ったほうがいいの?

ニキビ用洗顔料

 

 

ニキビ用洗顔料といわれるものには、殺菌消炎作用のある成分が配合されています。汗やほこり、皮脂などの肌の上の汚れを洗浄するだけでなく、ニキビの炎症を解消し、これから先にできそうなニキビの予防として肌・毛穴などを殺菌することを目的にしているからです。

 

しかし、その洗顔料を使用しても、正しい洗顔方法でなければ効果は半減してしまいます。

 

まず顔周りの髪を抑えて、生え際まできちんと洗えるようにすること。洗顔料を使う前に、ぬるま湯を両手で掬い取るようにして顔を洗いましょう。

 

その後に、泡立てネットを使用してたっぷりの泡をつくり、その泡をそっと載せて転がすようにして洗顔します。その際に、炎症の酷いところなどは泡を載せてパックするように、こすらずにそうっと洗いましょう、小鼻の周りなど、皮脂や汚れが溜まりやすい場所は小指や薬指など、力が入りにくい指で感触を確かめるようにして洗います。

 

すすぎは、ぬるま湯で丁寧に、肌に洗顔料が残らないように繰り返します。髪やあごの下、耳元なども泡が残らないよう、ぬるっとした感触がないことをてのひらと指で確かめ、仕上げすすぎをしてから、やわらかいタオルで軽く抑えるように水分を吸い取ります。

 

洗いたての肌、ことにニキビの部分は乾燥しやすいので、すぐにニキビ用の化粧水をコットンにとって押さえるように肌につけ、その保湿成分にふたをするように乳液やクリームを薄く載せ、てのひらで押し込むように付けていきます。

 

 

洗顔料の殺菌消炎作用できれいになったところで丁寧に保水していくことで、より正常な肌のターンオーバーが促され、ニキビを効果的に抑えることができるのです。

 

よって、洗顔料だけでなく化粧水などのラインを同じニキビ用のシリーズで使うことも、ニキビの治療にはとても有効だと言えるでしょう。

 

毎日のケアにほんのひと手間を加えることで、ニキビを治し、できにくい肌へと生まれ変わらせることができるのです。